「憧れの暮らしは性能とデザイン力で決まる」 奈良の注文住宅ガイド » 奈良市で注文住宅を建てる » 奈良市の住みやすさ

公開日: |最終更新日時:

奈良市の住みやすさ

居住環境が良く商業施設の充実度や大阪方面へのアクセス性の良さから住みやすさ抜群と言われる奈良市。こちらではそんな奈良市の住環境、教育環境、利便性、医療環境、子育て環境について紹介します。

奈良市の住環境

国際文化観光都市でありながら大阪のベッドタウンとしての側面も持つ奈良市。比較的リーズナブルな賃貸住宅がある一方、市内西部には広い一戸建てが建ち並ぶ高級住宅があり、JR奈良駅や新大宮駅周辺には多くのマンションが見られます。交通アクセスも良く、大阪、京都、神戸には電車の乗り換えなしでアクセス可能、羽田空港や関西空港へのリムジンバスも数多く運行されています。古い場所なので閉鎖的で近所付き合いが面倒と思う人も多いですが、人付き合いはドライでむしろ都会的といえます。

奈良市の教育環境

奈良市は教育に関して熱心な人が多く教育レベルも高いです。小学校から難関中学を目指し、難関国立大学への進学率がとても高いという実績があります。教育委員会ではICT(情報通信技術)環境整備に力を入れ、子どものICT活用能力と教員のICT活用指導力の向上のために様々な取り組みをしています。また待機児童対策として民間保育施設を増設して保育定員を拡充、処遇改善等によって保育士確保も図っています。

参照元:大学受験ハッカー/なぜ奈良県は「東大京大合格率」で全国ナンバーワンを誇るのか? 秀才が奈良に集まる納得の理由。

デザイン×性能に優れた
奈良の注文住宅会社3選を見る

奈良市の利便性

大阪に電車で20~30分、京都に35~50分程度、神戸に80分程度というアクセスの良さに加え、電車の本数も多く、大阪、京都は1時間に6本、神戸は1時間に3本と、ほぼ首都圏と同じ利便性を備えています。一般に地方都市ではマイカー利用が多くなりますが、奈良市の場合は電車やバスを利用する人が多く、首都圏から移住する人も自動車を使わない生活スタイルを維持できます。バス路線も整備されており、特にJR・近鉄奈良駅や近鉄学園前駅は郊外へのバス路線が多くあります。

奈良市の医療環境

奈良市には大学病院などの大病院はありませんが、市立病院、個人病院が多くあり、夜間外来にも対応しています。薬局やドラッグストアは充実しています。奈良市の医療費補助としてはひとり親家庭の医療助成、子どもの医療助成、障害者の医療助成や自立支援、不妊治療費助成、難病助成などを行っています。

奈良市の子育て環境

子どもたちの健やかな成長や子育てしやすい環境づくりのため、奈良市では子育て支援施策充実に取り組んでいます。その一環として奈良市のHPには子育て応援サイトがあり、妊娠・出産・育児相談、子育てサークルやイベント案内、保育所・こども園・幼稚園などの子育て関連施設情報など、子育てに関する数多くの情報が網羅され、子育て世代の力強い味方となっています。

奈良市の注文住宅情報を見る