「憧れの暮らしは性能とデザイン力で決まる」 奈良の注文住宅ガイド » 奈良で注文住宅を建てる上での基礎知識 » 奈良の風土に適した家づくり(素材の話)

公開日: |最終更新日時:

奈良の風土に適した家づくり(素材の話)

せっかく注文住宅を建てるなら、快適に長く安全に暮らせる家を建てたいですよね。そのためのポイントのひとつは、地域に合う家を建てること。

奈良県での家づくりには、快適な住宅を建てるためのポイントがいくつかあります。ここでは、奈良の風土に合う家づくりのポイントをまとめました。

奈良の気候風土

全体的には夏は気温が高く、冬は気温が寒くなり、特に冬は地域によって厳しい寒さを感じることもある奈良県。夏は湿度が高いためにジメジメとした暑さを感じることもあります。その一方で、奈良県の山岳地域では日本屈指の多雨地域もあり、雨量が多く湿気に悩まされている人も多いです。

基本的には温暖な気候といえるでしょう。しかし、奈良県北部の盆地では内陸性気候、奈良県北部の高原地域では山岳性気候という特徴もあります。盆地に囲まれている地域が多いために風の影響はほとんどありません。平均風速5m/s程度です。

奈良県は地域によっても暑さを感じる地域や特に寒さを感じる地域、湿気が多い地域など様々ですので、これから注文住宅の建築を検討している人は家を建てる地域の環境についても勉強し、気候に合う家づくりをすることが大切です。

デザイン×性能に優れた
奈良の注文住宅会社3選を見る

奈良で快適に暮らせる家とは

断熱性能

冬に寒さを感じやすい奈良県では、断熱性能に優れた注文住宅を建てるのがおすすめ。断熱性能を取り入れることで、省エネルギーで快適に過ごせる家を実現できます。

断熱性を高めるためには、屋根、天井、壁、床、基礎などに断熱材を入れるのが一般的。この断熱材の素材を高断熱性能のものにするだけで、外気の寒さの影響を受けにくくなります。家の中の温度が安定しやすく、暖房の使用を抑えられ、毎月の光熱費を節約することも可能です。

また、窓も外の気温を室内に入れてしまう大きなポイントです。窓ガラスやサッシの断熱性能が奈良での暮らしに適しているかチェックしてみてください。

耐震性能

日本は地震が多い国なので、奈良県だけが特別に地震が多いというわけではありません。しかし、どこで起こるか分からない地震に備えて、奈良県でも耐震性は必須の性能り言えます。高耐震性を取り入れた家なら、長く安心して暮らせるでしょう。これから注文住宅を建てるなら、耐震性能は必須条件と言っても過言ではありません。

耐震性能は、素材より建て方の仕組みの方が重要。各社、独自の高耐震性の家づくりに取り組んでいるので、注文住宅を建てるときは、耐震性能への取り組みにも注目して工務店選びをしてみてください。

気密性能

人生のうち約60%を過ごすと言われている自宅。注文住宅を建てるなら、快適に過ごせる家づくりをしたいというのは当然の要望でしょう。奈良で快適に過ごせる家を建てるなら、断熱性はもちろん、気密性能に優れていることも大切です。

気密性能とは、住宅の隙間をなるべく減らすことで、室内の空気と室外の空気が分断されて、室内の空気が外に漏れにくく、室外の空気が家の中に入りにくくするというもの。気密性が低い家は、冷暖房で室温を調整しても空気が外に出ていきます。逆に気密性能が高い家だと、夏の暑い空気や冬の冷たい空気が家の中に入ってこないため、室温を一定に保ちやすくなるのがメリットです。冷暖房効率が良くなり、省エネ・節約に繋がります。

換気性能

家を長持ちさせるためには、換気性能も大切なポイントです。換気が悪い家では、カビやダニ、柱などの腐食などにつながり、家が劣化しやすくなってしまいます。ダニやカビが発生した家での生活は、アレルギーなどのリスクも高くなり、健康面でも不安です。快適な住まいには、換気の良さが必須といえるでしょう。

換気をシステムとしてとらえた設計も増えており、中には季節にあわせた換気を可能にする設計もあります。注文住宅を建てるときは、どのような換気システムを取り入れているかもチェックしておきましょう。

パッシブデザイン

パッシブデザインは、自然の光や風を取り入れる設計で、室温をできるだけ一定に保ち、快適な暮らしを実現するための考え方です。エリアの気候に合うデザインをするので、奈良の風土に適した住宅を建てられます。

自然を取り入れるというコンセプトなので、素材も天然素材にこだわっている業者が多いようです。健康面はもちろん、天然素材自体のもつ調湿効果も期待できます。特に奈良県は建築用の木材の産地としても有名で、地元の木材を利用して家づくりができます。

家を建てる場所に合わせたデザインを設計してもらえるのは、注文住宅だからこそできるメリットとも言えるでしょう。パッシブデザインを上手く使えば、快適な生活を手に入れるだけではなく、省エネルギーも実現できます。

奈良県の気候を熟知した業者に依頼しよう

注文住宅を建てる場合は、ついつい外観や間取りばかり気にしてしまいがちですが、快適な暮らしには、家を建てる地域の気候風土にあった家づくりが大切です。特に、断熱、耐震、気密、換気の性能は、必須要素として考えてください。

奈良県の気候にあった性能の家を作るためには、奈良県の気候に熟知して奈良県での家づくりが得意な業者に依頼することもポイントです。住宅メーカーも工務店も、それぞれ性能のいい快適な家づくりに取り組んでいます。ぜひ、自分やご家族が納得いく家づくりをしている業者を探してください。