「憧れの暮らしは性能とデザイン力で決まる」 奈良の注文住宅ガイド » 奈良で注文住宅を建てる上での基礎知識 » 家が建つまでの流れ

公開日: |最終更新日時:

家が建つまでの流れ

注文住宅を建てることを検討しているものの、どういった流れ・手順で家づくりを進めればよいのかイメージが掴めていないという方もいるでしょう。ここではそんな方に向けて、注文住宅で家が建つまでの流れについて解説します。

イメージに合わせた予算プランニング

まずはじめにすることは、どんな家を建てたいか具体的にイメージしておくこと。住宅の内装例や外装例をたくさん見て理想に近いものをピックアップしたり、家族と話し合ってこだわりたいポイントやゆずれない部分をメモしておきましょう。

自分の預金や資産を把握し、住宅に予算をどれだけかけられるのか確認します。住宅ローンを検討する方は金融機関のホームページなどで借入額のシミュレーションが行えるので、ぜひ利用してみてください。

施工業者選定・土地探し

予算と住みたい家のシミュレーションができたら、施工業者と土地探しを行います。

おすすめは、施工業者を先に決めてしまうことです。ハウスメーカーなどの施工者の中には土地探しから手伝ってくれるところもあり「ここで建てるのならば土地を安くするよ」と、条件付きで安い土地を紹介してくれる場合があるためです。施工業者を決めるには、いくつかのモデルハウスに足を運び、比較してみることです。

間取りの検討と見積もり提案

施工業者が数社まで絞れたら、打ち合わせを行って、間取り提案と見積もり書を出してもらいましょう。

このとき、見積もり書に書かれている金額の内容、記載された項目以外に諸経費はいくらかかるのかをしっかり確認しておく必要があります。アフターサービスや保証についても必ず確認しておいてください。

工事請負契約を結ぶ

見積もりや提案を受けて依頼する施工業者を決めたら、いよいよ工事請負契約を結びます。契約内容が希望と異なっていた場合、後で変更するには変更費用がかかるため、内容をしっかり確認した上で契約を結ぶようにしましょう。

この時点で5〜10万円ほどの申込金が必要な施工業者もあるため、事前に問い合わせておいてください。

プランの詳細を詰める

工事請負契約を結んだら、打ち合わせを重ねて、さらに詳しくプランの詳細を考えていきます。この段階では、家を建てたい土地の地盤調査や、建てたいと思っている家が法令的に問題ないか建築確認するといった作業もしておいてください。 

いよいよ着工

プランが決まったら、いよいよ着工です。工事が始まるまでに近所の方々に挨拶して、騒音が発生してしまうかもしれないことを伝えましょう。なお、この挨拶は建築会社に任せることも可能です。

なお、工事中の様子は、工事の邪魔にならなければいつでも見に行くことができます。自分の家なので、全て建築会社や施工会社任せにはせず、こまめに様子を見に行くことをおすすめします。

建物の完成(竣工)・引き渡し

建物が完成したら、市町村や民間機関の完了審査を受け、特に問題がなければ検査済証が発行されます。引き渡しの前には、設備に不具合はないか、間違っている箇所はないか確認し、もし気になる箇所があったら修正してもらったうえで、引き渡しとなります。